NIHON FUNEN
お問い合わせ サイトマップ
CONTENTS 会社案内 ドア製品 窯業製品 環境製品 トピックス 採用情報  
TOP > アスベスト使用製品の状況および健康障害について
アスベスト使用製品の状況および健康障害について
現在、社会的問題になっておりますアスベスト(石綿)関連健康障害について、当社における使用状況および健康障害の発生状況等を以下の通りご報告いたします。
 
1.アスベスト製品の使用状況について
【現在の製品】
2005年9月時点でアスベストを使用している製品はありません。
 
【過去の製品】
1) 昭和50〜60年代に、鋼製軽量ドアの内部充填材としてアスベスト含有成形品(=アスベストコア)を使用した製品が一部(※)ありました。
当時は、鋼製軽量ドアの充填材として一般的に使用されていましたので、当社においても、これを専業メーカーから購入し使用しておりました。
(※) 当社が使用する充填材はアスベスト含有成形品だけではありません。
2) 昭和61年(1986年)に当社は仕様を変更し、アスベストコア充填製品の生産を廃止しました。
当社では【昭和62年(1987年)以降に当社からアスベストコア充填製品が出荷されたことはない】と判断しております。
3) アスベストコアは非飛散性の成形品です。アスベストが飛散する可能性は甚だ少ないものと当社では判断しております。
ただし、製品を解体する際においては、アスベストが飛散しないように適切な処置をお願いいたします。
 
2.健康障害の発生状況等
当社社員、退職者、家族、当社周辺住民における障害状況については、現在報告を受けておりません。
 
3.今後の対応
今後ともアスベスト(石綿)問題の重要性を充分認識し、社内外調査を継続するとともに、関係行政および関係団体の指導を遵守し情報開示に努めてまいります。
 
4.お問い合わせ先
本件の内容に関するお問い合せはメールにて下記までお願いいたします。

メールアドレス  soumu@nihonfunen.co.jp
 
日本フネン株式会社
代表取締役社長 久米徳男
2005年9月
 
日本フネン株式会社
Copyright (c) 2004 Nihon Funen Co., Ltd. All rights reserved.